パニック障害 治る きっかけ

パニック障害の原因と治るきっかけ

スポンサーリンク

一般に命の危険を感じた時には人は緊張状態になります。
心臓がどきどきしたり、この先どうなるのかと不安になったり、その場から動けなくなったりと人によって様々な症状がでます。
しかしその症状が危機的状態でなくても急に現れることがあります。
それがパニック障害です。
パニック障害の主な原因は持続的なストレスや生活への不安、事故や震災などの強いストレスなどと言われています。
早期に対応すれば治せる病気なのですが、自分で何とかしようと我慢したりそれによりストレスが増して悪化すれば、うつ病なども併発しかねない病気になります。
当然薬での治療も可能ですが、それと併用すべきなのは環境を整える事です。
次では治るきっかけとなったことをまとめます。

スポンサーリンク

パニック障害が治るきっかけで大切なのは、ストレスフルな環境を変えることです。
これはかなり難しいかもしれませんが、職場や居住地域を思い切って変えてみることが一番簡単な方法でしょう。
ストレスを感じるには理由があります。
その中でも人間関係で悩む人は少なくありません。
原因となる対象物の側にいて病気になるくらいなら、思い切って離れてみるのが得策と考えられます。
しかし環境を変えたからと言ってすぐに治るわけではありません。
発作時にはまず自分の状況を受け入れ認めたうえで、「何も死ぬわけではない」と開き直ることが大切です。
それでも困難な場合は、スポーツ選手のルーティンのように「これをすれば治る」と思えるようなおまじないや儀式を決めておくといいかと思います。
そしてこれを続ける事で徐々に自分を落ち着かせることができたら、近所で良いので外に出かけてみるなどしてみることが大切です。
きっかけは人それぞれだからこそ、自分だけのきっかけを見つけて実施することが重要なのです。

スポンサーリンク