パニック障害 原因 恋愛

パニック障害の原因と恋愛

スポンサーリンク

パニック障害は100人に一人が掛かると言われている決して珍しい病ではありません。
そしてこの病が発症する詳しい原因は解明されておらず脳内不安神経機構の障害であると考えられています。
突然襲われる恐怖や不安により呼吸が乱れ、手足が震えると言ったパニック発作は、日常生活に悪影響を及ぼすだけでは無く時に対人関係にも大きな影響を与えます。
パニック障害の場合感応性が非常に高く相手の感情に影響を受けやすくなる傾向があります。
そしてこの病気の影響で精神状態が過敏になっているケースが多く人間関係のトラブルに巻き込まれた場合深く傷つきやすくなります。
特に恋愛関係の場合相手との感情的なやり取りが必要となりますから異性との恋愛関係の中でトラブルが発生した場合には大きなストレスを抱えてしまうのです。

スポンサーリンク

恋愛感情がパニック障害の症状を改善させる効果もありますが、逆に悪化させてしまうと言うケースもあります。
上手く恋愛を行うにはまず良くこの病の事を相手に知ってもらう事が必要であり交際を始める前に事前にパートナーに知らせておく事も大切です。
良いパートナーと巡り合う事が出来ればその出会いが病を改善させる事に繋がる場合もあります。
そしてパニック障害の患者と交際を考える側はこの病を個性だと受け止め自分自身も患者と一緒にこの病と長期間向き合っていく覚悟を決める必要があります。
常に相手に安心感を与え一緒に病に向き合う姿勢が必要となります。
通常の恋愛では別れを選ぶ事は簡単ですが、この場合別れが更に相手の病状を悪化させる原因となると言う事を忘れてはなりません。

スポンサーリンク