パニック障害 出産 方法

パニック障害での出産方法

スポンサーリンク

パニック障害の治療には様々な薬が使用されますが、妊娠を望む女性が最も気になるのは妊娠中による薬の影響です。
パニック発作をコントロールする薬の中には胎児に悪影響を与えるものもあり治療中に突然妊娠が発覚した場合には奇形等のリスクが発生してしまうケースもあるのです。
妊娠を望んでいる場合には、妊娠前に医師と良く相談を行い計画的に進めて行く必要があります。
妊娠中であっても胎児に悪影響を与え無い薬剤もあり、漢方薬を処方するといった治療も存在し症状に合わせて投薬を行う事も可能です。
妊娠中は、ホルモンバランスの変化から精神状態に更に負担が掛かってしまう為に完全に薬を止めてしまう事で胎児にストレスを与えてしまう事が考えられます。
医師と良く相談しパニック発作を上手くコントロールしながら妊娠を継続して行かなければなりません。

スポンサーリンク

パニック障害で心配されるのは出産方法です。
パニック障害の患者は出産による恐怖から普通分娩が行えないケースもあります。
その様な場合帝王切開を選択する場合もありますし、なるべく痛み等のストレスを与え無い様に無痛分娩を選択すると言う手段もあります。
パニック障害の場合出産方法を予め医師と良く相談しておく必要もあるのです。
そして妊娠中はなるべく安定した環境で過ごして行かなければなりません。
パニック障害を治療しながらの妊娠生活は周囲のサポートが大きく必要になり、それは妊娠中だけでは無く出産後も続くと考えられます。
治療を行いながらの妊娠、出産に関するリスクをパートナーと深く理解した上で主治医と計画的に進めていく必要があるのです。

スポンサーリンク