パニック障害 症状 小学生

小学生にも見られるパニック障害の症状とは

スポンサーリンク

不安障害の一つであるパニック障害の症状が見られる年齢は20〜30代が多いとされています。
しかし、最近は小学生などの子供でもパニック障害の症状が見られることが多くなってきています。
小学生などの子供のパニック障害の原因としては、大勢の前で何かを発表することに対する恥ずかしさ、親からの期待に対するストレス、一人でいることの寂しさなどが挙げられます。
具体的な症状としては、息苦しさやめまい、動悸などがあり、これは成人の発作とそれほど変わりません。
子供の場合は、学校に行こうとすると腹痛や吐き気、頭痛などの症状が見られる場合もあります。
発作の時間は10〜30分と比較的短時間ですが、繰り返し起こると学校に行けないということにもなりかねません。

スポンサーリンク

子供に対するパニック障害の治療法としては、大きく2つの方法が行われます。
それが、薬物療法と行動療法と呼ばれるものです。
薬物療法とは、その名の通り発作を起こすことを薬の力を使って抑えるというものであり、症状に合わせて適切な薬を使用していきます。
行動療法とは、パニックになるような状況に心を慣れさせていくというものです。
また、万が一パニックになってしまった場合の適切な対処法などを学ぶことも同時に行います。
これらの治療は、専門的な知識が必要になります。
間違った方法で行なってしまうと、治らないばかりではなく、悪化させてしまう原因にもなりかねませんので、必ず専門の医師・クリニックを訪れ、治療を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク