パニック障害 再発 防止

パニック障害の再発を防止するための考え方

スポンサーリンク

激しい動悸や発汗、ふるえ、息苦しさ、強い不安感を突然感じる発作のことを「パニック障害」と言います。
発作の継続時間は10分から1時間程度と幅があります。
血液検査など各種検査を行なっても、身体的には異常が見られるということはありませんので、判断が難しい場合もあります。
パニック障害であるか否かの診断は問診が中心となります。
パニック障害であると判断された場合には、薬物療法や心理療法などが行われます。
薬物療法で使用されるのは、抗不安薬や抗鬱剤、SSRIなどです。
パニック障害は100人に2〜3人がかかるとされている脳の病気です。
完治までには長い時間が掛かることが多く、周囲の人のサポートが欠かせない病気でもあります。

スポンサーリンク

パニック障害は一見すると完治したように見えても、少しのきっかけで再発してしまう可能性もあります。
再発を防止するために大切なことは、焦らないということです。
治療を続けているにもかかわらず、発作が出てしまった、早く完治させたいという思いが強いとそれがストレスとなり、発作を起こしてしまうこともあります。
発作は時として、非常に苦しいもので絶望を感じることもあるかもしれません。
しかし、発作を起こしたからと言って、それが直接の原因となり死ぬということはありません。
発作を起こすことを防止するのではなく、発作が起こったとしても、開き直るということが重要です。
発作が起こるメカニズムを正しく理解することにより、適切な対応をすることが出来ます。

スポンサーリンク