パニック障害 子供 遺伝

パニック障害は子供に遺伝するのか?

スポンサーリンク

親がパニック障害だった場合、子供にも遺伝するのではないかと心配してしまう人はたくさんいます。
パニック障害は、脳の神経伝達物質が乱れてしまうために起こるとされる説が一般的に知られています。
もともとの感情や、強いストレスが引き起こしてしまうという原因もあり、昔と比べて徐々に認知されるようになってきました。
親と子供は容姿や体質が似てくるように、これらも遺伝するのではないかということです。
これに対しては全く関係ないとは言い切れず、10〜20%の確立で遺伝すると言われています。
しかし、必ずしも高い割合でもなく、親がパニック障害だったら100%そうなる訳でもありません。
実際に、親やその近親者にそういう疑いのある人は全然いないのに、子供が発症してしまう場合もあるのです。

スポンサーリンク

パニック障害は精神疾患の1つですが、それらにも遺伝性の関係のある病気はいくつかあります。
けれども、その割合は極端に低くく、その割合から少なからず関係していることも否定できません。
特定の病気は除いて、遺伝する可能性があるものは体質が似ているということです。
メンタルや免疫が弱いというのはその人本来の体質的なことで、その部分が完全ではないものの、いくつか似てくることがあります。
メンタルや免疫が低ければ病気を引き起こしやすくなるので、多少影響があるかもしれないと考えれば心配はありません。
子供の将来を思うあまり強く考えすぎてしまう人もいますが、心配しすぎて悪い方へ決めつけてしまうこともよくありません。
そういう体質的な可能性も多少あるかもしれないということを理解して、前向きに子供の成長を見守っていくようにしましょう。

スポンサーリンク