パニック障害 運転できない

パニック障害で運転できないときはどうすればいい?

スポンサーリンク

大きな不安や精神的なストレスで、パニック障害を引き起こしてしまう人は少なくありません。
いつどこで症状が出てしまうのか分からないので、外出することを嫌がる人もいるぐらいです。
このような症状は、何かをきっかけに頭の中がパニックになってしまい、まともに行動ができなくなってしまいます。
息苦しくなり、このまま死んでしまうのではないかと思うほど呼吸が乱れてしまうのです。
そんなパニック障害の人にとって、車の運転中に症状が出てしまうことは大変な恐怖です。
判断力もまともにできなくなり、呼吸もしづらくなることで運転できない状態に陥ってしまうからです。
しかし、運転できないと、日常生活に支障が出てしまう人もいるでしょう。
こんなときは、どうしたらいいのでしょうか?スポンサーリンク

まず、一番いい方法は、できるだけ運転を避けることです。
治療中の人はもちろんのこと、誰かに運転をしてもらったり、他の交通機関を使っていくようにすれば問題は解決できます。
治療で症状が治まってきたならば、様子を見ながら運転を再開していくこともできます。
それでもその状況が困るという人は、行き慣れた道であれば環境も変わらないので、リスクを減らしていくことができます。
ただ、初めて通る場所となると、ちょっとした変化からパニックを引き起こしてしまう可能性もあります。
そのため、できるだけ初めていく場所には運転をしないほうが無難です。
車の運転は自分だけでなく、同乗者や周りの人たちにも危険をさらしてしまう可能性は全くないとは言い切れません。
それぐらい責任重大なことなので、パニック障害の人は自分の症状をよく把握して、医師の指導に従って行動していくことが大切です。

少しでも症状に不安があるのならば、車の運転は控えていったほうが安心です。

スポンサーリンク