パニック障害 薬 やめる

パニック障害で薬をやめる時の方法

スポンサーリンク

パニック障害で処方される薬は中毒性のあるものが多く長期連用は基本的には良くありません。
日本では病院に通う間はずっと処方されますが、欧米では3か月以上の連用は禁止されているのが現状です。
薬をやめることができてもパニック障害が再発しては元も子もありませんので、治し方を理解し自分の生活を見直しましょう。
だんだんと自分に自信が戻って通常通りの生活が送れるようになりましたら、適宜やめる事を考えましょう。
一気に止めてしまうと強烈な副作用や離脱症状が出てしまうため、徐々に減らしていく事が大事になります。
2週間ごとに少しづつ減らすような細心の注意を心がけて無理のない減薬をし、辛い副作用や離脱症状を少しでも軽くしましょう。

スポンサーリンク

薬を飲んでいる期間が短ければ、一般的には副作用が軽く離脱症状もあまり出ないと言われています。
長期連用していて飲む量もどんどん増えている方は副作用も強く離脱症状は元々の症状より重くなる場合もある為非常にデリケートに止めていく必要があると言えます。
本来パニック障害を治すために必要な事は、新たな考え方の獲得や生活改善で可能なのです。
今現在苦しんでいる方は一刻も早く、この症状の理解を深め学んで改善させましょう。
治し方が理解できれば薬を飲む必要はなくなり、やめていく事が可能になるはずです。
深刻な副作用や離脱症状で、今感じているパニック障害以上に苦しむ必要はありません。
個人差はありますが、飲んでいた期間の長さによって辛い症状が出てしまうと言われているので注意が必要な問題といえるでしょう。

スポンサーリンク