パニック障害 原因 親

パニック障害の原因は親にある場合も

スポンサーリンク

パニック障害の原因としては、極度の過労や睡眠不足、体調不良などの身体的なものや過度なストレスなどがあるとされていますが、生活環境や性格なども原因の一つであると言われています。
パニック障害になりやすい環境としては、特に幼少期の環境が影響を与えていると言われています。
幼少期に深く関わりを持つ人として、両親がいます。
この両親からの虐待や厳しいしつけを経験した場合には、子供ながらに強いストレスを感じている場合があります。
しかし、子供の場合は親に対して感情を上手く伝えることが出来ずに、ストレスを解消することが難しくなります。
そのため、知らず知らずのうちにストレスを溜め込み、その結果としてパニック障害の発作を起こすことがあります。

スポンサーリンク

また、厳しいしつけや虐待などがなかった場合でも、急激な環境の変化が幼少期にあった場合にも発作が起きやすくなる可能性があります。
パニック障害は、心身に問題があることにより発症する病気ではありません。
原因は明確にはされていませんが、精神面に大きな影響を及ぼすセロトニンという物質が不足することにより、引き起こされると考えられています。
そのため、治療ではこのセロトニンの量を増やすような薬を使用することになります。
服用することにより、症状を緩和させる効果を期待することが出来ます。
また、症状が良くなってからも一定期間服用を続けることにより、再発を防止する効果があります。
治療効果を得るためには、早期発見・早期治療が大切です。

スポンサーリンク