パニック障害 電車 対策

電車内でのパニック障害の発作を予防するために有効な対策

スポンサーリンク

パニック障害を患っている人にとって不安な場所のひとつが、電車などの公共交通機関です。
乗車中に発作に見舞われた経験を持つ人は多く、次の停車駅に到着するまでは降車できないという気持ちや、周囲の人々に迷惑や心配をかけてはいけないという気持ちから、さらに不安が強くなってしまいがちです。
療養中は無理をせずに、徒歩や自転車、自家用車やタクシーなどの他の移動手段に切り替えるのも良い方法です。
しかし、毎日の通勤・通学の手段として電車などの公共交通機関を利用せざるをえない場合には、なんらかの対策が必須です。
あらかじめ対策を講じておくことで不安を軽減するとともに、発作に見舞われた場合にも落ち着いて対処することが可能になります。

スポンサーリンク

公共交通機関でのパニック障害の発作を予防するためには、混雑する時間帯をなるべく避けることがポイントです。
目的地に到着するまでに時間がかかっても、各駅停車の電車を利用することで気分が楽になる場合もあります。
時間に余裕を持って出かけると、気分が悪くなったときにいったん降車して、ベンチなどでゆっくりと回復を待つことができます。
睡眠不足や風邪などの体調不良も、パニック障害の発作を誘発する原因になります。
じゅうぶんな睡眠や栄養をとって、日々の体調管理につとめることも有効な対策になります。
気温や湿度が高くなる夏場には、熱中症対策も欠かせません。
頓服薬として抗不安薬が処方されている場合には、常に忘れずに携帯することも大切です。

スポンサーリンク