パニック障害 発作 頻度

パニック障害の発作頻度

スポンサーリンク

パニック障害は精神疾患のひとつです。
特に女性に多いと言われていますが、主な症状としては動悸、めまい等があると言われています。
以前は心臓神経症と呼ばれていた時期もありました。
このパニック障害は電車のなかなどで発作が起こるケースが多いようです。
治療には薬物療法などの薬による治療がおこなわれます。
薬によって発作そのものを予防することができます。
また、発作の頻度を少なくすることもできるため非常に有効な治療方法なのです。
その他、うつ病と同じように病院では心療内科で受診する方が有効な治療を受けることができます。
パニック障害はその症状が動悸などがあるので最初は心臓病などの内科や循環器科を受診するケースが多いようです。

スポンサーリンク

しかし、いくら内科や循環器科、或いは呼吸器科で検査等をおこなってみても異常が無いようであれば心療内科にいった方が良いでしょう。
心療内科に行けば適切な治療を受けることができます。
また、最近では薬物療法以外にカウンセリングなどを利用した治療方法が併用されるケースがあります。
これは薬物療法では薬による回復を目指しますが、それで発作の頻度や発作そのものをおさえることは可能ですが、対処療法に過ぎないのではないかとの批判から新たに導入されるケースが増えています。
カウンセリングでは心理学等を利用して気持ちの持ち方を変えるなどの心のケアをおこなっています。
こうした取り組みによりパニック障害という病気は必ず治療すれば治る病気と言われています。

スポンサーリンク