パニック障害 仕事 休む

パニック障害で仕事を休む前に、出来る治療とは

スポンサーリンク

 パニック障害という病気をご存知でしょうか。
近年、この病気に悩まされている人が増えているため、身近に感じている人も多いでしょう。
 パニック障害の主な症状は、突然の動悸や息切れ、不安感や震えや息苦しさに襲われる…というものです。
通常、この症状は20分〜30分程度で収まるのですが、どのタイミングで起こるかは分かりません。
また特徴的なのは、無症状の時にはまったく体に異常が無いことです。
この症状が出て病院に駆け込んだとしても、診察される時間になる時には、すでに問題のない状態になっているのです。
 この病気にかかると、日常生活で不安を感じてしまいます。
何故なら、いつこの症状が出るかと考えてしまうと、うかつに外出もできなくなるためです。

スポンサーリンク

 そのため、仕事を休む方も数多くいます。
また、仕事自体を変える方もいるそうです。
 では、このような厄介な病気とは、どのように付き合えば良いのでしょうか。
1つには精神科医にかかり、適切な投薬による治療を行う事です。
 パニック障害は、脳内物質のバランスが崩れる事が原因の1つだと判明しています。
そのバランスを治す薬がありますので、それをキチンと服用することで大きく症状を改善できます。
 また、生活習慣を見直しましょう。
場合によっては、ゆっくりと休む事も重要です。
ストレスのある生活は、それだけでパニック障害を誘因させますので、気を付ける必要があります。
 治療までには年単位が必要なものですが、治療への方法は存在します。
気長に治療をするという心構えが必要です。

スポンサーリンク