過呼吸 パニック障害 症状の違い

過呼吸とパニック障害の症状の違いについて

スポンサーリンク

過呼吸とパニック障害の症状の違いについてまとめると、過呼吸とはストレスなどが原因となり必要以上の換気活動をおこなうことで呼吸が早く浅くなって呼吸し過ぎてしまう状態をいいます。
実際は、血液中の二酸化炭素が不足している状態になっています。
主な症状としては、呼吸困難や頭痛やめまいなどがあり、もっとひどくなると失神してしまうこともあります。
空気を吸っているにもかかわらず、空気が入ってこない・息ができないという恐怖心からさらに必死で空気を吸おうとすることによって症状が長引いてしまい、30分から長い人で1時間続く人が多いとされています。
ストレスを感じる人が多い現在、同じようにストレスを原因とする病気はほかにもあります。

スポンサーリンク

パニック障害の症状の中で多いものが動悸や頭痛のほかに、過呼吸があります。
しかし、この二つは全く違う病気です。
パニック障害は神経伝達物質の問題でおこりますが、過呼吸は心因性の病気です。
症状の違いがほとんどなく、非常に似ているので間違いやすいのですが治療方法も全く異なります。
過呼吸の治療としては、治療薬があるわけではなく、紙袋などで血液中の二酸化炭素濃度を上げる方法があげられます。
一方、パニック障害の治療には主に薬物療法を用いるのでこれらの症状の違いが分かっていないと一向に回復しない状態が続いてしまいます。
実際に、薬物治療を用いれば治る病気であるにもかかわらず何年もパニック障害に苦しむ患者が多くいます。

スポンサーリンク