パニック障害 薬 太る

パニック障害の治療薬は太る事がある

スポンサーリンク

心の病気には様々な種類や症状がありますが、その中の1つにパニック障害があります。
このパニック障害とはストレスや生活習慣、また遺伝などが原因で起こる事が多いのです。
パニック障害は名前の通り様々なきっかけによってパニックや発作を起こしてしまいます。
呼吸が苦しくなる、動悸が激しくなる、発汗やふるえ、恐怖感や不安などの症状がでます。
症状が出やすいのは電車やエレベーターなど逃げ場のない空間や、また大勢の人の前で話をしなければいけない時などに起きやすいと言われています。
発作が起きると呼吸が苦しくなったり動悸が激しくなるので死んでしまうのではという強い不安に襲われてしまいます。
何度も発作が出ると不安になり外出するのが怖くなる場合も多いのです。

スポンサーリンク

パニック障害の対策方法の1つに病院で処方された薬を飲むことがあります。
抗うつ剤など気持ちを落ち着かせて不安に感じないようにすることによって発作が起こるのを防ぎます。
しかし薬の中には副作用として太る場合もあります。
パニック障害を治したくても太ることには抵抗があるという場合には医師に相談してみる事です。
また薬での治療だけでなくリラックスすることもとても重要なので、忙しい毎日を送っているのであればゆっくりと休む時間を作る必要があります。
他にも発作を起こしやすい人込みや電車などは避けるようにし、喫煙や過度の飲酒を控える事も対策になります。
もし急に発作が起きた時は人込みを避け、静かな場所でゆっくりと休む事です。

スポンサーリンク